自分ストーリー

広島ボランティア その判断とは

  • Pocket
  • LINEで送る

2019年の10月11日~13日頃に通り過ぎた台風による被害に対して、ボランティアの話が上がった時、新しい事実を知った。

2018年の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)における愛知から広島への災害復興ボランティアについて、僕の耳に入らないところでは様々な意見があったらしい。

・そんな遠いところまで、どうしていくのか?
・お金をかけてまで行くべきなのか?
・仲が良いから行くのではないか?
・危険なんじゃないか?

それを知って
・確かに人間関係はあった
・お金もかかった
・危険性もある
・近場の岐阜に再度行っても良かったか
仲間に声をかけた者として、自分の判断が間違っていたのかもしれないと思った

でも、そのあとすぐに、
・人間関係があるのに、助けにいけるのに行かないのは、何なんだ?信仰者か?
・お金も応援してくださる方がいるのに、受け取らないのは、誰のための見栄か
・これでもかと最後まで情報収集をし、メンバーへの危険性の説明は行い、保険に加入して、それでもなお”万全ではない”という意識で挑んだ
・近場の岐阜は、広島に行った時点では、人の不足はない(あっても福祉協議会の受け入れが間に合っていない)という事実があった。

ということを思い出し、
当時は届かなかった意見は、行動していなくて、状況を知らない人たちのすれ違いの意見だったのだと理解した。

でも。
その理解を生み出したのは、こちら側の行動と情報発信だった。

ちゃんと事実が伝わっていれば、その方々も協力者になってくださったに違いない。そんな中で協力してくれた人もいらっしゃったに違いない。

人は「自分にできることをしたい」と本質的には思っているけど、
その声に素直に従える人は多くない。僕自身がまさにそうだ。

ここに改めて、自分が考えていることを、言葉にして、
伝わるように変換して、調整して、拡げていく重要性と、

コトバには、身・口・意の三業アリと言われる通り、
行動をするならば、その想いを言語化することで初めて意図が伝わり、コトバの本領が発揮され、多くの方へ拡大する共鳴力を生み出すのだと、理解した。

きっと、当時聞いていたら、受け止められなかった意見を、
今、このタイミングで知ることができたことは幸福だった。

導きに感謝申し上げます。今回は直接現地には行かないかもしれないが、想いや願いは各地域まで拡げて、意識は忘れずに持ち続けたい。

以上、メモ

一日でも早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。

内田雅史

2019年10月18日
もしかしたら、誤解になるかもしれませんので、追記です。

  • この文章を書いた背景には、気付いた視点を公の場に残しておきたいという想いと
  • 誰かのお役に立てば、嬉しいなという想いがあります。
  • 批判的なものは、キレイに過ぎ去っています。

再び祈りを捧げて。

※この文章は、青年会員としての内田雅史の見解であり、生長の家愛知教区青年会の意見ではありません。

コメント

  1. 林 吉春 より:

    自分の言葉に責任を感じないで言いたいことをいう人はどこにでもたくさんいますよ。
    気にしないで”我が道を行く人”の方が私は好きです。
    世の中の評価なんて変わりますからねぇ

  2. 苅谷一宏 より:

    「その人を救って差し上げたい」前提で神様に祈り、自分が為すべきことが閃いたら、そのまま素直に実行する。それでいいと思います。人によってやれることは様々なので、「何が貴い」のではなく、神様から受けた役割を遂行することが貴いのだと思います。

コメントを残す

*